So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

仕方のないこと [精神世界]

精神世界、スピリチュアルな世界に興味をもつキッカケはさまざまですね

私の場合は、小学生の頃、異様なくらい不思議な話が大好きでしたが、
それ以降つい最近になるまでは、全くといっていいほど精神世界からは遠ざかっていました

数年前、急に何もかも嫌になったのを機にふいに真実を探求したくなったのが
大人になって再び興味を持つに至ったキッカケです

まさか子供の頃読んだ不思議な本の内容を、今になって解明していくことになろうとは思いませんでした
人生、意外なところで繋がってるものです

しかも当時はただの好奇心で不思議話を面白がっていただけだったのが、
今はもう不思議探求のレベルを通り過ぎてしまいました

どの程度にかというと、誰ともこの手の話ができなくて思いっきり孤独を感じてしまう程度に、です

結局のところワンダラーは、いろんなことに気づく前も気づいた後も、
違和感や孤独感を常に感じたまま、生きていかないといけないのかもしれません
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワンネス [精神世界]

ワンダラーの皆さんは宇宙の中心から次元を降下してこの惑星にやってきました

つまり、大天使やイエス、仏陀など高次元の存在たちと同じ次元にいたこともあるということです
比喩的な言い方をすれば私たちもイエスであり、仏陀であったのです

高次元の存在について私たちはついつい崇拝してしまいがちですが、
「なんだ、高次元の存在って過去の自分じゃん!」
と思ってしまえば、覚醒へのプロセスも加速するのではないでしょうか

もっと言うと、高い次元では時間概念すら存在しないので、
「過去の自分じゃん!」は「今の自分じゃん!」に読み替えることができます
読み替えてしまえばよいのです

同じ次元にいたことがあるどころか、自分が高次元の存在そのものだと理解すれば、
彼らからもたらされる
 「わたくしはあなた方であり、あなた方はわたくしである」
というワンネスの考え方も、より深く納得できるわけです

そうやって、彼らと波長を合わせればよいのです

崇拝して高みに上げてしまうのではなく、古くからの仲間、懐かしい同士、さらには自分そのものと思う
このことがアセンション・次元上昇と呼ばれる回帰の途には有効なのではないか、と思います

ワンダラーの皆さん、納得していただけましたか?
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

感覚 [精神世界]

前回の記事は「それってただの思い込みじゃないの?」って言われそうですね…(*^_^*)
しかし私自身の感覚としましてはあの結論以外には到底考えられないのです

ある存在にアドバイスをいただいたことがあるのですが、
直感を磨き、自分の感覚を信じるようになるためには

 「理性によるブレーキを気にしない」

ことが大切なのだそうです

例えばどこからともなく声が聞こえた、映像が浮かんできた、インスピレーションが湧いた、
などというとき、私たちは「気のせいではないか、妄想ではないか」とついつい否定してしまいます

気のせいや妄想で片付けてしまうのではなく、とにかく一旦はそれらを受け入れてみる、
すると物事がトントン拍子に進むなど意外な進展があったりします

その積み重ねの結果、今まで意外だと思っていたことが意外でも何でもなく、
あらゆることは起こるべくして起こる、ということを実感できるようになります

感覚を磨くこと自体は誰に迷惑を掛ける訳でもないので、
どうぞ理性によるブレーキを気にせず、湧きあがる自分の感覚を信じてみてください

(例えば自分の前世を垣間見たければ、PCのキーボードの上に両手を添えて、
自然に飛び込んでくる映像を、思い浮かぶままどんどん文字で表していくのもいいかもしれません
ある前世の断片的な映像がいくつか現れると思います)

やがて遅かれ早かれ、
「自分がアセンションすることは随分以前から感覚で分かっていたんだな…」
とあなたもお気づきになることでしょう
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある体験 [精神世界]

ちょっと信じてもらえないかもしれませんが、
私は10年ほど前に、アセンションした自分自身の訪問を受けたことがあります

といっても目撃したのは私ではなく、
目に見えないものを見ることのできる人が、私の目の前でもう一人の私を目撃したのです
その人によれば、それは間違いなく私だったそうです

当時はアセンションという言葉すら無く、
もちろん自分がアセンションするなどとは夢にも思っていませんでしたので、
死んだ直後の自分が元気だった頃の自分を一目見ようとやってきたのだろう、
くらいにしか思いませんでしたし、それ以外に適当な理由が思いつきませんでした

そして、自分が生まれてきた目的を思い出すまでは、この出来事じたいを完全に忘れていました

アセンションを体験するために生まれてきたことに気づいた後、ふいにこの出来事が頭に浮かんできました

思い当たるフシというものは、こんなふうにやってきます
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やるべきことは [精神世界]

前回の終わりがけに「本当の自分自身の人生を」と書きましたが、
よく考えたら残された時間は余り無いので、やや的外れだったかもしれません

いずれにしましても、
ワンダラーである皆さんは、この3次元の世界に特有の出来事で悩んでいる暇は、もうないのです

仕事、勉強や、恋愛その他人間関係に気持ちを持っていかれることの他に、やるべきことがあります
目に映る現象や飛び込んでくるニュースに怒りや悲しみを抱く代わりに、自らの役目を果たす必要があります

ああしたい、こうしたいとか、あれが欲しい、これが欲しいと言ってる場合ではありません
気に入らないことや、波長が合わない人にイライラしてる場合ではありません

この3次元の世界にいるのも、あとわずかの期間なのです
そのわずかの期間に、やるべきことをやらねばなりません

やるべきこととは、
たとえわずかの期間であっても、最後に「本当の自分自身の人生を歩むこと」であり、
そしてそれは、「生まれてきた目的を果たすこと、あるいはその準備をすること」です

嗜好や願望に対する執着を手放すべき時期、心の葛藤を手放すべき時期は、今しかありませんよ
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

選択肢 [精神世界]

人には自由意思が与えられ選択の自由がある、とよく言われます

でも、物事を心で感じて自分の感覚を信じるようになれば、
そもそも始めから選択肢なんてものは存在しなかったんだ、と分かります
自分の感覚に従うことが唯一の途だからです

世間の常識や他人の意見に囚われたり、頭で計算を働かせたりするから、
もやもやと選択肢が浮かんでくるのではないですか

頭に上がってしまっているエネルギーの塊をおへその下までストンと落とせば、
心で感じ取ることができるようになります

もう世間や他人にコントロールされた見せかけの人生を送るのはやめにして、
本当の自分自身の人生を歩み始めてみましょうよ、ワンダラーさん!
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アセンションについて [精神世界]

アセンションというのはお引越しのようなものです
する人としない人とで住み分けが行われるようになります

具体的な内容については、これから徐々に公けにされていくと思います
もうすでに、一部の本やサイトでは部分的にではありますが公けにされています

聞く人に心の準備が出来ていないとショックを受けるような内容を含みますので、
今の段階ではなかなか全面的には公けにしにくいです

人類が滅亡したり地球が無くなるわけではない、ということは確かです
ここでは、住み分けには別離が伴うとだけ言っておきます

時期については、マヤ暦の解釈に関連して
2012年12月21日あたりに起こると考えるのが一般的なようですが、
それよりもかなり早い時期に起こるのではないでしょうか
日付の解釈には別の見方もあるようなので、それが参考になると思います

ちなみにマヤ暦の終わりは、時間の概念に囚われない人々の出現を告げるもので、
決して、文字通り「時の終わり」を意味するものではないと思います
アセンションしない人にとっては、引き続き時間の概念が必要になるからです

過去に囚われ未来を悲観する生き方からサヨナラする日は、すぐそこですよ
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きづらさの理由 [精神世界]

自分の人生やこの世界に絶望してる方は少なくないと思います

でもアセンションするために生まれてきたと分かれば、
絶望もそのためのプロセスだったと理解できます

とくにワンダラーにとってこの世界は、違和感だらけの非常に生きづらい世界です
今回は宇宙人としての資質が出てくる人生なので、これもやむをえないことではありますが

できるだけ早く、自分がワンダラーだと自覚して、
アセンションするために生まれてきたとの確信に至ってください

思い当たるフシはいくつもあるはずです
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生まれてきた目的 [精神世界]

自分が何者なのかを思い出すこと気づくことは、急には無理かもしれません

でも生まれてきた目的に気づくことはできます

いつの頃からかは分からないけど、
漠然とした、それでいて確信に近い思いを何か、ずっと抱いていませんか?

たとえば、
 人類の営みはどうも全てが本質的でない気がする、
 自分には大きな変化が必ず訪れるだろう、
 形だけの挨拶や儀式など、もう自分には不要だ、
 将来に備えて貯蓄などをする必要性が自分にはどうしても感じられない、
 なんとなく自分は年金を受け取らない気がする、などなど

私たちは、自分のどこかで、ちゃんと生まれてきた目的を覚えています
漠然としたいくつかの思いは、その名残りです

私の場合は、地球の進化に貢献しながら地球とともにアセンションを体験する、という目的で生まれてきました

皆さんも私と同じ目的で生まれてきてるはずです
自分自身に問いかけてみてください
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワンダラー [精神世界]

ワンダラーと呼ばれる人々がいます
地球以外からやってきて、地球人として生まれ暮らしている人たちです

最近ブログや本などでカミング・アウトする方も、少しずつではありますが出てきました

私は何回も何回も地球で生まれ変わりました
ようやく最近になって自分がワンダラーだということに気づきました

同じ人がこの世の中に、とくに日本にいると思うと、とても心強いです

でもこれは決して特別なことではありません
おそらくあなたもワンダラーです

どうか思い出してください
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。